丸五市場 (まるごいちば)

長田区

市場イメージ600px

市場情報

組織名
丸五市場事業協同組合
創立
大正11年
住所
神戸市長田区二葉町3丁目11-2
電話番号
078-611-4077
定休日
火曜日
行き方
JR・地下鉄「新長田」駅より南へ徒歩10分 地下鉄海岸線「駒ヶ林」駅より東へ徒歩3分 市バス「大橋2丁目」バス停より南へ5分
お買い物客

私たちの市場
こんなところ

80年以上の歴史を誇る丸五市場は、伝統の仕入や加工・販売技術を持つ、こだわり専門店が多い。
またアジア系食品や物品を扱う店もあり、他の市場にない、楽しい買い物の場だと評されています。
昔ながらの下町の人情と温もりが残る市場です。

市場の歴史

丸五市場はもともと「中央市場」「新中央市場」の2つの市場が開場し、町内全ての露地が衣料や雑貨店で埋まり雑貨街を形成していました。
昭和7年に、神戸市中央卸売市場の開場に伴い「中央市場」を改名することになり、別々の5つの組織であったため市場名を「丸五市場」に改めました。

平成になって南北2つの市場に統合され、全体統一の機運が高まり将来の市場発展のために法人化を目指し、平成6年6月に協同組合を設立しました。

協同組合設立から半年余りに、阪神・淡路大震災に見舞われましたが、震災当日、市場が休日だったため、火災による倒壊を逃れることで、ほぼ現状のまま営業を再開することができました。
そのため、地域の人達へ食糧供給が迅速におこなえるように、商店主らがお互いを支えあい一丸となって市場の再建とまちの復興に乗り出しました。

平成18年に、以前この市場で開催し好評だった「アジアまるごと市」のイベントの経験から、アジア関係の飲食店を集める方針をたて、“丸五アジア横丁”と銘打ったテナントミックス事業に乗り出しました。

平成20年から“丸五アジア横丁ナイト屋台”を6月~10月の第3金曜日に開催し、来場者が毎回500人を数える地元定番のイベントとなり、各地域へも話題を呼んでいます。

そこで実績を積み好評を得た中国家庭料理「手作り水餃子のめいりん」やミャンマーカレー専門店「tete」が新しく加入し、異国情緒漂わせる新しい丸五市場が誕生しました。

その他に、“5”のつく日は、丸五市場の各店選りすぐりの逸品を集めた「まるご丼」を限定50食(1食500円)で販売を行っています。
多くの著名人がこれを食して大絶賛したことで瞬く間に噂が広がり、常に即完売となることから“幻のドンブリ”と言われるようになりました。

丸五市場の人気上昇に伴い、地域イベントの出張販売のオファーが増加し“チーム丸五”として、まちのにぎわいに貢献しています。

丸五市場

店舗名 業 種 電話番号
焼酎居酒屋 今井やん飲食080-3860-5684
ミャンマーカレー TeTe飲食080-5631-8129
手作り水餃子のめいりん飲食080-6168-2578
ハヤシ日用品店日用品611-4341
肉の名門マルヨネ精肉611-2990
西村鶏肉店鶏肉611-4077
鳥進飲食641-2807
沖かまぼこ店水産加工641-4075
そば焼 いりちゃん飲食641-2341
津田商店衣料品611-7816
マルゴマルシェ被災地特産品737-0151